nearMe.Airport

使い始めてからというもの、もっぱらトリコとなってしまった空港移動サービスのnearMe.Airport

そんなに難しいサービスではないのですが、やはり初めては不安ですよね、ってことで、今日はこんなに簡単に予約できますよ、というご紹介です。

なお、待って、そのnearMe.Airportって食べられるの?ほんとに美味しいの?という方には、下記の記事がおススメです。

 

仮予約手順

ここではユーザー登録は完了し、ログイン済みの状態から新規予約を作成する手順をご紹介していきます。

①新規予約画面

nearMe.Airport

上記が新規予約画面となります。nearMe.Airportは双方向のシャトルサービスですので、空港へ向かう場合は『空港へ』、空港から目的地へ乗車する場合は『空港から』のタブを選択し、それぞれ予約情報を入力します。

ここではJL920便で那覇空港から羽田空港へ到着後、都内のホテルに向かう想定で仮予約に必要な情報を入力して行きます。

 

②目的地の入力

nearMe.Airport

空港からの目的地の住所を入力します。目的地がホテルなどの場合は、ホテル名での検索も可能です。

nearMe.Airport

住所を入力後、詳細位置をマップ上で指定します。ここで指定した点が、実際の目的地として認識されます。以上で送迎地点の入力は完了です。

 

③フライト情報の入力

nearMe.Airport

引き続きフライト情報の入力です。これはnearMe.Airportのとても便利な機能だと思うのですが、このように利用する航空便名を入力するだけで、

nearMe.Airport

このように時刻表から逆算し、最適な迎車時間を提示してくれます。

ただしこちらの提示時間は、空港内の移動時間に余裕を見た、安全サイドの時間設定となっていることが多いためご自身の利用スタイルによって時間調整をされることをお勧めします。

注意点

到着時に受託手荷物がなく、スムーズに指定乗車地点場へ到着できる場合は、指定時間まで時間が余ってしまう可能性があり注意が必要です。

 

④利用人数とチャイルドシート数

nearMe.Airport

同行される大人・子供の人数と、必要に応じチャイルドシートの数を入力しましょう。

nearMe.Airport

以上で予約情報の入力は完了です。

 

⑤利用運航便の指定

nearMe.Airport

最後に利用運航便を指定します。

こちらの画面のように、指定した利用時間帯に、他のユーザーが配車した運航予定便がある場合は、そちらに同乗することで料金の割引があります。時間が合わないようであれば、自分の時間にあった便を選択しましょう。

 

⑥仮予約の完了

nearMe.Airport

支払い情報を入力し、以上で仮予約の完了となり、仮予約完了メールが届きます。

もし各種クーポンがアカウントに付与されていれば、この画面で自動適用されていることが確認できます。

nearMe.Airport

 

予約の確定

仮予約の完了後、24時間以内に予約の確定通知が届きます。

まれに、nearMeが契約している配車枠を使い切ってしまっている場合など、仮予約のキャンセルとなる場合もあるので、注意しましょう。

 

nearMe.Airport

 

出発時間・車両の確定

予約確定後、イレギュラーが無ければ乗車前日の18時までにピックアップ時間、および車両番号が通知されます。

今回は無事アルファードを配車いただけたようです。

なお、空港から乗車する場合は通常のタクシー乗り場とは離れた手配車の専用乗り場であることが多いようです。ピックアップ時間と車両情報の連絡メールや同社のサイトにも記載がありますので、指定乗車場所は、必ず事前に確認しておきましょう。

そして、あとは予約時刻に指定場所から乗車するだけ!! とても楽ちんです!!

 

【後日談】当日は同乗者なしのソロ送迎のとても快適な乗車となりました。

nearMe.Airportを予約してみた。
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です